『ぼくの鎌倉散歩』刊行記念
山田愼二写真展
詩人・田村隆一

きみに

悪が想像できるなら善なる心の持主だ

悪には悪を想像する力がない

悪は巨大な「数」にすぎない

──「新年の手紙(その一)」より


文明に精神を侵された人間の姿を見つめ続けた詩人・田村隆一。酒を愛し、自由を愛し、生涯を詩人として生き通した田村は、死の直前に刊行された詩集『1999』で「さよなら 遺伝子と電子工学だけを残したままの/人間の世紀末」と言い遺し、私たちを21世紀に置き去りにして、颯爽とこの世を後にしました。

詩人の最晩年の姿をとらえたフォトグラファー・山田愼二による貴重なポートレイト群を展示します。ぜひご来場ください。


山田愼二 プロフィール
新潟県上越市生まれ。東京造形大学デザイン学科映像専攻卒業。
平地勲氏に師事後、独立。一九九〇年、有限会社シーン・セカンド設立。
俳優、ミュージシャン、アーティスト、スポーツ選手、会社経営者など、ジャンルを問わない人物写真を数多く手がける。
公益社団法人日本広告写真家協会正会員、キヤノンマーケティングジャパンEOS学園講師、キヤノンフォトクラブ東京JOY顧問。
フォトグラファー山田愼二ホームページ https://www.yamadashinji.com/

田村隆一
一九二三─一九九八。東京生まれ。一九四七年に、鮎川信夫、北村太郎らと詩誌『荒地』創刊、戦後の現代詩を牽引する。第一詩集『四千の日と夜』、第二詩集『言葉のない世界』(高村光太郎賞受賞)が高い評価を受ける。一九七〇年に東京から鎌倉へ転居し、終の住処となる。死の直前に刊行された『1999』に至るまで生涯にわたって詩作を続けるほか、評論、随筆、翻訳なども数多く手がけた。

『ぼくの鎌倉散歩』の詳細はこちら。
https://www.minatonohito.jp/book/383/


[開催中]
会期 3月2日(火)より14日(日)
会場 ひばりブックス
   静岡県静岡市葵区鷹匠3-5-15 第一ふじのビル1F
「港の人」フェア、会場にて同時開催。

[予告]
会期 4月初旬より
会場 東京堂書店
   千代田区神田神保町1丁目17番地

[終了しました]
会期 2月5日(金)より25日(木)
会場 本屋title
   JR荻窪駅北口より徒歩10分