「羽良多平吉はデザインで詩を書く。いつでも詩人である」(宇野亜喜良)

そう、北原白秋、佐藤春夫、竹久夢二、恩地孝四郎、北園克衛、山名文夫……かつて詩人はデザイナーで、デザイナーは詩人だった。

ポエジーを表現の根幹に置く書容設計家・羽良多平吉はじめての単著として、その詩的言語(écriture poétique)77篇を集成。

書き下ろしイントロダクション、新作デッサン1点、ヴィジュアル・ポエトリー2点、1964年から現在に至る著作目録を付す。

1924年の『マヴォ』『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』『亜』創刊から100年を期して港の人が送る、モダニズム詩誕生100年記念出版。

 

書容設計:羽良多平吉・上野勇治

編輯:郡淳一郎・井上有紀

協力:室賀清徳・ばるぼら

新書判・上製・カバー装・著者署名入り・限定番号印字

定価5000円(本体価格・税別) 500部限定

2024年1月6日刊行

 

 

■著者プロフィール
羽良多平吉(はらた・へいきち)
1947年9月28日、吉祥寺生まれ。1970年、東京藝術大学美術学部工芸科ヴィジュアル・デザイン専攻卒。エディトリアル・デザイナー。
イエロー・マジック・オーケストラ『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』(1979)等のレコード、『大島弓子選集』(1985–86)等のコミックス、『ガロ』(1981–98)、『クイック・ジャパン』(1993–98)、『ユリイカ 』(1998–2021)等の雑誌で、サブカルチャーの最先端を視覚化し続けてきた。
稲垣足穂『一千一秒物語』(1990)、松岡正剛『フラジャイル』(1995)、吉増剛造『花火の家の入口で』(1995)など文芸書でも、書物本来の気高さを清新に造型。
精緻かつ劇的なタイポグラフィー、官能的なカラーリング、超絶的リミックス感覚……最大限の矛盾と逆説を孕んだデザインは後進に多大な影響を与え、世界中に熱烈なファンを持つ。

 


エディトリアル・デザイナーとして唯一無二の境地を築いてきた羽良多平吉の17年ぶりの個展を開催いたします。強靱な理知と技巧をもって夢と官能へと誘うそのデザインワークを結晶化するシルクスクリーン作品などを展観、長年取り組んできた「書容設計」の現在地を明らかにします。

会場では、新しい印刷の冒険を具現化したプリントワークの販売もおこないます。

 

◎森岡書店(東京・銀座)【終了】

会期:2024年1月6日(土)から14日(日) 13時から19時(最終日は18時まで)
住所:東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル
電話:03-3535-5020

トークイベント:
「1. 詩、2. デザインが与えられたとせよ──『断章集 二角形』をめぐって」
出演 羽良多平吉、郡淳一郎(オルタナ編集者)、室賀清徳(編集者)、ばるぼら(ネットワーカー)
 
1月12日(金)19時(開場18時30分)
東京都中小企業会館9階講堂にて
入場料2000円 定員80名
要予約。ご予約はpeatixもしくは森岡書店へ電話にて。
森岡書店 03-3535-502013時−19時 月曜定休)

 

◎メリーゴーランドKYOTO(京都)HP【終了】 

会期:2月17日(土)から28日(水) 10時から18時 木曜定休
住所:京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 寿ビルディング5F
電話・FAX:075-352-5408

トーク&ライブ:
トーク「デザインをめぐる信と美 ──『断章集 二角形』をめぐって」
出演 羽良多平吉、間奈美子(アトリエ空中線)、山下有子(ピアニスト&作曲家)、扉野良人(りいぶる・とふん)
ライブ「”inishie, Ancient Times”より」
ピアノ 山下有子

2月17日(土)18時から20時
徳正寺本堂にて
参加費2000円 定員50名
要予約。ご予約はメリーゴーランド京都へ。
メリーゴーランド京都 mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp 075-352-5408(電話・FAX 木曜定休)

 

◎READAN DEAT(広島)→HP 【終了】

会期:4月27日(土)から5月12日(日) 11時から18時 火曜定休
住所:広島市中区本川町 2-6-10 和田ビル2F
電話・FAX:082-961-4545

トークイベント:
「『二角形』の世界を聞く」
出演 羽良多平吉 聞き手 清政光博(READAN DEAT店主)、井上有紀(港の人)

4月27日(土)15時から17時(開場14時30分)
Small House Design Lab.ギャラリースペース「A not B」にて
入場料1500円 定員30名
要予約。ご予約はREADAN DEATのHPにて。
http://readan-deat.com/blog/2024/03/18/digon/

 

※以降も各地へ巡回予定

 


 

■関連情報

◎第10回松本タイポグラフィセミナー 「Fontasy」から「えほんご」へ 【終了】 

講師:羽良多平吉 聴き手:室賀清徳
2023年11月18日(土)13時30分から17時30分(開場13時)
会場:上土劇場(松本市) 参加費:一般2860円、学生2310円
主催:松本タイポグラフィ研究会

詳細は→ https://matsumototypography.jpn.org/seminar/10th/

 

◎もじ イメージ Graphic展 【終了】 

会期:2023年11月23日(木・祝)から2024年3月10日(日) 10時から19時
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1 & 2
休館日:火曜日(12月26日開館)、年末年始(12月27日から1月3日)
入場料:一般1400円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

詳細は→ https://www.2121designsight.jp/program/graphic/

 

◎羽良多平吉 nu Art Project “i Love Words & Images”

現在進行中の新作シルクスクリーン作品のアートプロジェクト。『HEAVEN』『WX-raY(ダヴレクシィー)』「虹色科学」を元にした、オリジナルのシルクスクリーン作品を制作中。

詳細は→ https://hqh-artproject.com/

 

◎ONE SINGLE BOOK 森岡書店×ギャラリー小柳 共同企画展

会期:2024年4月25日(木)から6月22日(土) 12時から19時
会場:ギャラリー小柳
休廊日:日曜日・月曜日・祝日
参加予定作家:(森岡書店より)朝吹真理子、遠藤薫、沖潤子、金田実生、猿山修、杉謙太郎、諏訪敦、花代、羽良多平吉、平澤摩里子、廣瀬智央、牧野伊三夫、向井山朋子、吉増剛造、ビジョイ・ジェイン、シャルロット・デュマ、(ギャラリー小柳より)ミヒャエル・ボレマンス、ソフィ・カル、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー、マルレーネ・デュマス、マーク・マンダース、クリスチャン・マークレー、トーマス・ルフ、杉本博司、須田悦弘、束芋、寺崎百合子、熊谷亜莉沙、ユアサエボシ、中村裕太、橋本晶子

詳細は→ https://www.gallerykoyanagi.com/

 

◎think async 羽良多平吉の書容設計 グラフィックの探求 
 ──「本の装丁 棟方志功と同時代の芸術家たち」関連イベント【終了】

会期:2024年5月6日(月・祝)から6月2日(日)
会場:石川県立図書館屋内広場・3階ブリッジ

詳細は→ https://www.library.pref.ishikawa.lg.jp/category/event2024/4320.html

 

◎羽良多平吉…….グラフィックスの探求 HeiQuicci HARATA INQUIRY INTO GRAPHIX
──1ne W, 1ne H. …….WX-raY’n HEAVEN

会期:2024年6月15日(土)から7月8日(月)
会場:nostos books

詳細は→https://nostos.jp/archives/365064