ことり

小川楓子

俳句のリズム、いのちのリズム、俳句を発見する歓びにあふれる小川楓子の第1句集『ことり』。
自然や生き物との対話、暮らしの情景……。世界との新鮮な出会いをひょいと捕まえて作品に放つ。

 

■著者

小川楓子(おがわ・ふうこ)
1983年、神奈川生まれ。2008年、「海程」入会とともに作句開始。金子兜太に師事。同年、山西雅子に師事。2010年、「舞」(主宰 山西雅子)創刊に伴い、入会。海程新人賞、舞賞受賞。共著に『超新撰21』『俳コレ』『天の川銀河発電所』。

 

■本句集より

浅春の海月の影をほしがりて
ひとりとてもたのしさう臘梅ことり
山笑ふ横向いたりしてカレーパン
陛下ごきげん金魚売かしらなんて
鯛焼や雨の端から晴れてゆく

 

■目次

水門
夜の番地
今も夏至
寒いなあ
素足ですし
燃える
山影
スウィッチ
きみが電車で

あとがき

 

 

  • 四六判変型/上製本/本文172頁
  • 2000円(本体価格・税別)
  • 2022年5月刊
  • ISBN978-89629-407-1 C0092