はるかカーテンコールまで

笠木拓 著

「何者かであろうとしなくていいから、歌は好きだ。この歌の形が決まるまでは、ずっと、果てなく歩けるだろう。夏の夜のにおい。ひとつの歌から次の歌へ、僕は歩いている」(あとがきより)

研ぎすまされた五官を穏やかな音色で包みこみ、ときには微笑みを浮かべながら、はかないものたちに寄り添う心やさしき歌人。現実の切なさに身をひたしながらも、遠く遥かなものへの憧れをたずさえ続ける芯の強さ。年齢や性別をこえたものへと届けとばかりに詠まれた歌は、多くの読者の胸を焦がすだろう。2009年から19年までの10年間に作った歌、全343首をおさめた青春歌集の傑作が生まれる。

 

第2回高志の国詩歌賞受賞
第46回歌人集会賞受賞

 

■本歌集より

ショッピングモールはきっと箱舟、とささやきあって屋上へ出る

鳥はその喉に触れえず鳴くものを地上の声を飛び越えてゆく

沈黙をやさしく許すひとといて月には水のない海がある

魚でも獣でもない少年の膝に眠っている万華鏡

ひかりのシャワーを浴びてぼくらは静謐と呼べる時間のなかを歩いた

終バスを映画で逃す 雨音をやがて失う世界を歩む

 

■著者

笠木拓(かさぎ・たく)

1987年新潟生まれ。石川育ち。

2005年から短歌を作り始める。翌年、「京大短歌」に参加。

2013年からユニット「金魚ファー」としても活動。

第58回角川短歌賞佳作。第6回現代短歌社賞次席。

現在、「遠泳」同人。

 

■目次

I

木馬と水鳥/もう痛くない、まだ帰れない/starry telling/フェイクファー

II

ラウンダバウト/声よ、飛んでいるか/サマータイム/月影の道/論より小鳥/傘には名前/千年一夜

III

For You/うたかた/半月ほど西日/噓と夏の手/pink

IV

正夢/ラネーフスカヤだったわたしへ/客演/むしろ心を薄くして/バスタ新宿/デッドエンドを照らす/何もなかったように/雨音をやがて失う/前日譚

 

あとがき

 

 

  • 四六判変型/上製本/本文208頁
  • 2,000円(本体価格・税別)
  • 2019年9月刊
  • ISBN978-4-89629-366-1 C0092