紫雲天気、嗅ぎ回る 岩手歩行詩篇

暁方ミセイ 著

2018年鮎川信夫賞の気鋭詩人、暁方ミセイの最新詩集。少女の頃から宮沢賢治の世界に魅了されてきた詩人暁方ミセイが、小岩井農場や花巻などをうろうろ歩きながら、賢治の幸せについて考えた、ミセイの「心象風景」。

 

トン、トン、と音がする/さみしくないか、/さみしいよ/さみしいならなぜ行く/わたしはさみしさを使いきらねばならないからです(「七月三十日」より)

 

なぜ、さみしさを使いきらねばならないのか。紫雲天気、この世に降りそそぐ新鮮に出会い、心が軽くなったり透きとおったりして、幸せを呼ぶ吉兆詩集。

 

■収録作品より

「花巻駅」

 

今でた向かいホームの電車は濃い紫ライン

その奥の空は淡い金色とくらくなる雲

青い駐輪外灯の下は別の世界だ

まだ学校帰りの話題が続く男の子たちを

あの一帯は知らない間に飲み込んでいる

 

向かいのホームのベンチにはもう秋が居座り

それはくらがりの水気と

白い電燈の身を切るような発光でわかるのだけど

 

ひるま風がやわらかで

人肌のやさしいなつかしさを持っていた

あれが夕方になって

冷えてさみしく錆びついている

意識の外でも伴奏は流れ

待合室にも秋は生じていた

一度ここを出てしまえば

みんな白と淡いうすまった金色の水中

泳いだ記憶だけが

あとまでずっとついてくる

 

■著者

暁方ミセイ(あけがた・ミセイ)

1988年神奈川県横浜市生まれ。2011年に第1詩集『ウイルスちゃん』で第17回中原中也賞、2018年に第3詩集『魔法の丘』で第9回鮎川信夫賞を受賞。そのほかの詩集に『ブルーサンダー』、電子版詩集『宇宙船とベイビー』など。

 

■目次

虹と吉祥/ばらと小鳥/夕立/七月三十日/朝雲/奥の間/東北の昼ま/留守/忍/小岩井農場 二〇一六年 パート一、パート二、パート三、パート四、パート五、パート六、パート七、パート八、パート九/東北本線(下り)/花巻農高/参拝法/花巻駅/風景の明滅

 

 

  • 四六判変型/上製本/カバー装/本文104頁
  • 1,600円(本体価格・税別)
  • 2018年10月刊
  • ISBN978-4-89629-352-4 C0092