鳥の意思、それは静かに

宮岡絵美 著

光のような詩、この詩集には、静かに、烈しい祈りがある。

世界に出会うことは、あなたに出会うことである。そのために一篇の光のような詩を、この宇宙の樹から摘み取ってくる。百年は一瞬の夢に違いない、とつぶやき、いま、空へ飛び立とうとする鳥のはばたきを聞く。新鋭詩人の第一詩集『鳥の意思、それは静かに』。この詩集には、静かに、烈しい祈りがある。

 

■著者

宮岡絵美(みやおか・えみ)

大阪府生まれ。枚方市在住。京都工芸繊維大学繊維学部応用生物学科卒業。地方公務員を勤めながら、詩作活動に励んでいる。

 

■目次

I 世界への手紙

夕暮/謎/夕明かり/平行世界、飛行ねこの沈黙/言葉と時間/影/生きるものたち/数/飛行機から、いま

II 生きるということ

風を呼ぶ/散歩/dialogueとしての命、わたし/刻印/なにも云わぬがいい/訪れる明日はまだ生きているか/冬が近づく/豊かさ/今日わたしは星をかった

III あなたに

遠景/朝に/うたひ手/君が在るということ/ある日/本/樹々の会話/故郷/No name

IV まなざしは空ヘ

鳥の意思、それは静かに/Imaginary number/星図としての家系図/月/空の下/眼/まるい月

 

■著書

「毎日新聞」2012年5月21日夕刊

 


「図書新聞」2012年12月22日号

 

 

  • A5判/ソフトカバー/本文136頁
  • 500円(本体価格・税別)
  • 2012年4月刊
  • ISBN978-4-89629-245-9 C0092
  • ※在庫僅少