header
『わが煉獄』
本書の詳細

戻る
■「後記」より
spacer
 33篇をもって詩集を編むことにした。ダンテの生きた時代から、33とは優れて煉獄の数字であったためである。
 煉獄il Purgatorio はキリスト教世界に生来的な観念ではない。12世紀に浄罪の場所として考案され、シチリアにあるともアイルランドにあるとも信じられた。わたしがこの虚構に導かれたのは、そこがもっぱら複数の声の交錯と反響の空間であるという理由からである。
 
■目次
spacer
ニザール
牛糞
噴上げ
柱廊
きらら
自画像
認可
早鐘
分桃
暖炉
刑天
レグルス将軍、カルタゴに護送される
キャベツ
マラー殺害
コソヴォ、ミトロヴィツァ 2004
トラキア
spacer
出典註
後記
spacer
HOME刊行書籍一覧わが煉獄|本書の詳細|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375