『国立国語研究所「日本大語誌」構想の記録』全1巻別冊1
国立国語研究所「日本大語誌」構想の記録 全1巻別冊1
飛田良文(国立国語研究所名誉所員)
B5判/上製/本文1016頁/函入
32,000円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-257-2 C3081
 
 
・・・書評
■本書の内容
『国定読本用語総覧』につぐ、待望の文献!
*かつて国立国語研究所は日本語用例辞典『日本大語誌』編纂の構想を十年以上にわたって推進したが、その論考・目録・年報などを初公開する。
*その大きな成果が『国定読本用語総覧』(全12巻・国立国語研究所編・1985年〜)である。『国定読本用語総覧』はどのように誕生したのか。本書はその核となった理論、具体的な手法を明らかにし、『国定読本用語総覧』を補完する。
*林大「国語辞典覚書」、見坊豪紀「用例辞典編集作業のために」などの論考を初公開する。
*飛田良文「日本語辞書学の課題」をはじめ、中村幸彦「近世語と現代」、築島裕「理想の国語辞書」など日本語辞典に関する論考を収める。
*用例採集のための「主要文学作品目録」「主要雑誌目録」「ベストセラー目録」(以上500頁強)は明治から現代までの文学作品、雑誌、ベストセラーを厳選。書誌学的にも貴重なデータを収め、図書館参考図書の必備文献。
*別冊(A5判)には、当時の研究者が辞典編集準備室の雰囲気を伝える。
■編者紹介
飛田良文◎ひだよしふみ
1933年生まれ。国立国語研究所名誉所員。日本近代語研究会会長。国際基督教大学アジア文化研究所客員所員。 著書・編書に『東京語成立史の研究』(東京堂出版)『明治生まれの日本語』(淡交社)『国定読本用語総覧』(国立国語研究所・三省堂)『三省堂国語辞典』(三省堂、第四版から)『現代日葡辞典』(小学館、ロドリゲス通事賞受賞)『大辞泉』(小学館)『哲学字彙訳語総索引』(笠間書院)『日本語学研究事典』(明治書院)『ヘボン著和英語林集成 初版・再版・三版対照総索引』(港の人)『改訂増補哲學字彙 訳語総索引』(港の人)など多数。
HOME刊行書籍一覧|国立国語研究所「日本大語誌」構想の記録 全1巻別冊1|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375