header
『児童文化と子ども文化』
本書の詳細

戻る
■叢書の特色
1、児童文化とは何か? 子どもにとって児童文化とは? 児童文化と子ども文化の違いとは何か? 教育学的視点から、また社会学的観点から、総合的に児童文化の歴史と意義を検証する初めての画期的な叢書(全3巻)

2、大正期、児童文化の誕生から、昭和戦前、戦中、戦後、そして現代へと児童文化の歩みをたどり、各時代の児童文化を特徴づける重要文献を収録、その歴史と変遷を明らかにするように構成した。
3、各文献には、児童文化の研究者による簡潔な「解題」を設け、その歴史的意義を説明する。

4、第1巻「児童文化の原像と芸術教育」は、大正期から昭和12年までを対象にした誕生期・黎明期の重要な児童文化論(25文献)を収録した。

5、第2巻「児童文化と学校外教育の戦中戦後」は、昭和初期から戦後まで、戦中戦後20年間の重要な児童文化論(35文献)を収録し、激動の時代の児童文化のあり方を抽出する。

6、第3巻「児童文化と子ども文化」は、昭和60年代から、21世紀へと新しい児童文化論を創出しようとするうねりをとらえる。

7、 明日への子どもの文化・教育を創造するためにも、子どもに関わるすべての読者の必読文献であり、公共・大学図書館必備文献。
spacer
■目次
spacer
刊行の趣旨
この巻の時代と内容(第三巻)
spacer
I 六〇年代の「児童文化」と戦中期の残影
  那須田稔「国民文化と児童文化」
  羽仁説子「生活文化と児童文化」
  滑川道夫「教育と児童文化」
  菅忠道「児童文化」
spacer
II 児童文化への懐疑と児童文化論の分析
〈児童文化への懐疑と分析〉
  竹内長武「児童文化概念の成立過程」
  小川博久「文献の中に見る「児童文化」」
〈教育学からの児童文化の分析〉
  増山均「子どもの学校外教育をゆたかにする視点」
〈「子ども文化」の登場〉
  藤本浩之輔「子ども文化論」
spacer
III 新しい児童文化論創出の胎動
〈児童文化原論の試み〉絶
  滑川道夫『児童文化論』抄
  本田和子「境界にたって」
  安藤美紀夫『児童文化』抄
  古田足日「子どもと文化」抄
  藤本浩之輔「子ども文化論序説|遊びの文化論的研究」抄
  加藤理「子どもの育ちと文化とは」
〈文化人類学と民俗学からみた児童文化〉
  岩田慶治「子ども文化への視点」
  宮田登『老人と子どもの民俗学』抄
〈子どもの権利条約とアニマシオン〉
  喜多明人「国連・子どもの権利条約とは何か 現代的および歴史的意義を考える」
  増山均「子どもの文化権とアニマシオン」
〈児童文化論から子ども論への展開〉
  加藤理「子どもにとって文化とは」
  村瀬学「13歳への新視点」
  本田和子「異文化ではなく文化を先取る者 「子ども」という時代の予兆」
  藤本浩之輔「遊びにおける超越」
spacer
■既刊/近刊
第1巻『児童文化の原像と芸術教育』定価3675円(税込)/好評発売中
第2巻『児童文化と学校外教育の戦中戦後』定価5985円/好評発売中
spacer

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375