『『とはずがたり』の鎌倉 国文学解釈雑叢』
『とはずがたり』の鎌倉 国文学解釈雑叢
鈴木良昭
A5判/ソフトカバー/本文208頁
2,000円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-229-9 C0095
 
 
・・・書評
鎌倉の在住の著者が素朴な疑問を考証した、新たな鎌倉考。
■本書の内容
『とはずがたり』の作者・後深草院二条が歩いた鎌倉訪問の道筋は?
当時(鎌倉時代)の鎌倉幕府の正確な位置はどこか?
中世日記文学『とはずがたり』等に書かれた鎌倉訪問記をもとに、鎌倉の歴史と地理を新たな解釈で読み解く(考証作品『とはずがたり』『東関紀行』『十六夜日記』)。
■著者紹介/鈴木良昭(すずき・よしあき)

国文学者。1932年、神奈川県生まれ。神奈川県立衛生短期大学教授、同大学学長などを歴任。主著に『川田順ノート』『文学碑に見る作家50人』『大学改革のもとで』『文科大学講師 夏目金之助』、共著に『神奈川の文学碑をあるく』ほか。

HOME刊行書籍一覧|『とはずがたり』の鎌倉 国文学解釈雑叢|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375