header
『文献日本語学』
本書の詳細

戻る
■目次
はじめに
文献日本語学と文献国語史  「文献」は古くなくてはいけないか?
本書の構成について
第一章 文献日本語学
  第一節 内省による言語学/内省によらない言語学
  第二節 文献学
  第三節 文献学の今昔
  第四節 文献日本語学
  第五節 「本文」とは何か?
第二章 手書された文献
  第一節 『竹取物語』─平安期成立作品の室町期写本─
  物語の出で来はじめの祖  『竹取物語』の古さ
  現存最古の『竹取物語』武藤本『竹取物語』の奥書からわかること
  重層的な本文の生成過程  何を武藤本とみなせばよいのか?
  日本語学の分析素材としての文献=テキスト
  テキストからどのような「情報」を引き出すか  新日本古典文学大系『竹取物語伊勢物語』
  なぜ「異本校合の結果」と判断したか?  中院通勝はどう考えていたか?
  仮名に施された振り仮名  異体仮名から武藤本の書写原本を窺う
  武藤本の書写原本の古さ
  第二節 『宇治拾遺物語』─鎌倉期成立作品の近世期写本─
  『宇治拾遺物語』について  『宇治拾遺物語』の手写本について
  三つのテキストを並べてみる  何を問題にするか
  「連用形+テ」に着目する  異体仮名/変体仮名について
  「使い分け」ということ  異体仮名の使用をめぐる「使い分け」という言説
  三つのテキストの異体仮名に着目する 人屋と獄と
  第三節 『宇治拾遺物語』『古本説話集』『今昔物語集』
  同文同話ということ  言語面からみた同一性
  漢字で書くか仮名で書くかウルワシをどう漢字で書くか
  一つの語に五種類の漢字があてられている 容姿のウツクシサは「美」と書く
  ヨナカ/ヤハン 夜中/夜半  「かなづかい」という観点から何がわかるか
  「仮名文字遣」という観点から何がわかるか
第三章 印刷された文献
  第一節 キリシタン版『太平記抜書』
  文字化の「方法」としての印刷  文字化の方法は〈文字社会〉の広狭に関わる
  言語情報の授受の分担  活字印刷と整版印刷と
  キリシタン版『太平記抜書』を翻字する  整版本との対照
  対照文献日本語学  『日葡辞書』に引用されている『太平記』
  第二節 『中華若木詩抄』
  『中華若木詩抄』のテキスト  古活字版『中華若木詩抄』
  テキスト本文の伝わり方  「同じ」テキスト
  古活字版と寛永十年版本  寛永十年版本の表記をめぐって
  第三節 『からいとさうし』
  挿絵に注目すると  なぜ異なっているのか?
  まんしゆのひめ/まんしゆひめ  埋め込まれる「ノ」
  『万葉集』における「読み添え」  まんしゆひめはマンジュノヒメか?
  助詞の有無  両本の異同の諸相
  第四節 草双紙
  挿絵+本文  「表記体」からみた草双紙
  三つの「表記体」  仮名書きをどう考えるか?  草双紙の漢字列
第四章 手で書かれた文献と印刷された文献との対照
  第一節 荒木田守武「守武千句」
  「同じ書き方」とは?  〈可〉と〈か〉との使い方
  漢字で書くか仮名で書くか  漢字で書く場合にどのような漢字をあてるか
  漢字の書き分け  平仮名を使うか片仮名を使うか
  第二節 『弁慶物語』
  寛永二十年奥書本の振仮名  仮名に施された振仮名
  寛永二十年奥書本の〈須〉  漢字に施された振仮名
  寛永二十年奥書本の書かれ方  和歌の書き方
  寛永二十年奥書本の仮名書き  古活字版と寛永二十年奥書本とは酷似しているのか?
おわりに
HOME刊行書籍一覧文献日本語学|本書の詳細|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375