header
『英国文化の巨人 サミュエル・ジョンソン』
本書の詳細

戻る
■本書の特色
◎ジョンソンが活躍した18世紀英国の文化を詳しく紹介。
◎人生のためになるジョンソンの名言・格言を収録。
◎辞書ブームの今だからこそ、『英語辞典』の特色と影響を伝える。
【サミュエル・ジョンソン Samuel Johnson】
英国の文豪(1709〜84)。英国初の本格的辞書『英語辞典』をたったひとりで編纂した。詩人や随筆家、文学批評家としても活躍し、シェイクスピアの研究などで知られる。ジェイムズ・ボズウェルによる伝記が有名。

■目次
前書き
第一章 ジョンソンの時代と生涯
  第一節 一八世紀の英国(永嶋大典)
  第二節 ジョンソンの生涯(永嶋大典)
  第三節 旅人ジョンソン(市川泰男)
  第四節 本屋の息子――罪とつぐないを越えて(中原章雄)
第二章 ジョンソンの伝記を書いた人たち
  第一節 ジョンソンの名を不滅にしたジェイムズ・ボズウェル(渋谷 章)
  第二節 それからのボズウェル(諏訪部 仁)
  第三節 サー・ジョン・ホーキンズ――もう一人のジョンソン伝作家(藤井 哲)
第三章 ジョンソンとその仲間たち
  第一節 愛すべきアイルランドの文豪――オリヴァー・ゴールドスミス(諏訪部仁)
  第二節 リチャード・サヴェジ――リチャード・サヴェジと『サヴェジ伝』(稲村善二)
  第三節 ジョンソンとサー・ジョシュア・レノルズ――ジョンソンと美術界とのかかわり(斎藤信平)
  第四節 芸術一家との交友――バーニー家とジョンソン(向井秀忠)
  第五節 ジョンソン家の居候たち(稲村善二)
  第六節 ジョンソンいこいの場――スレイル夫妻(横手長治)
第四章 ジョンソンとその作品
  第一節 ジョンソンの模倣詩――『ロンドン』と『人間願望の空しさ』(芝垣 茂)
  第二節 『ラセラス』――時代を越えて読み継がれる珠玉の書(中村賢一)
  第三節 ジョンソンと演劇(原田範行)
  第四節 ジョンソンと批評(原田範行)
  第五節 幸福と平和を求めて――随筆家としてのジョンソン(江藤秀一)
第五章 ジョンソンの『英語辞典』をめぐって
  第一節 『英語辞典』(永嶋大典)
  第二節 英語学者ジョンソンの言語観(大森裕實)
  第三節 明治期に於けるジョンソンの英語辞典の位置づけ(佐野摩美)
第六章 日本でのジョンソン受容と研究の歴史――これからジョンソンに親しもうとする読者への見取図として(藤井 哲)
サミュエル・ジョンソン年表
あとがき
参考文献
索引

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375