header
『英和対訳袖珍辞書』と近代語の成立 中日語彙交流の視点から
『英和対訳袖珍辞書』と近代語の成立  中日語彙交流の視点から
遠藤智夫
B5判/上製本/カバー装/本文320頁
12,000円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-215-2 C3081
 
幕末維新期、英語の訳語はどのようにして考えられたか。日本で初めての英和辞典『英和対訳袖珍辞書』に掲載された訳語のルーツをさぐり、当時の中国語との交流を明らかにした画期的な論考。著者のライフワークがついに完成する。
■著者紹介/遠藤智夫◎えんどう・ともお
1948年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部英文学専攻卒業後、都立紅葉川・深川・豊多摩高校教諭を経て、現在、工学院大学学習支援センター講師、日本英学史学会本部事務局長。著書に『《英和対訳袖珍辞書》の遍歴』(堀孝彦との共著、辞游社、1999年)。この本により、日本英学史学会豊田實賞を受賞。
HOME刊行書籍一覧|英和対訳袖珍辞書』と近代語の成立 中日語彙交流の視点から|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375