header
近代日本方言資料集[郡誌編]全8巻
近代日本方言資料集[郡誌編]全8巻
木村晟(駒沢大学名誉教授)
  古瀬順一(中部大学教授)
  田中宣廣(岩手県立大学宮古短期大学部助教授)
A5判/上製本/函入
92,000円(本体価格・税別)
 
全8巻ついに完結
■明治・大正・昭和戦前期に全国各地で発行された郷土文献「郡誌」から方言項目を復刻編集。各巻に解題を掲載。
■総資料文献182点/総3508頁
■「刊行の辞」より
 近年の方言研究は、1950年代まで主流を占めた記述的研究から1960年代には地理的研究へ、さらに1970年代には社会的研究へと流れを変え、1980年代以降、パソコン等の普及にともない計量的研究へと進んでいる。これらの動向を見るに、いずれの研究も、ある意味で、超えるべきものを超えられず、方向転換を余儀なくされたように思えてならない。社会的研究と計量的研究は、その多様な方法論の確立とその成果とを求めて、更なる進展が期待されるところである。ここに網羅した「方言資料」は、それらの研究に寄与することになろうし、故態の示顕に繋がるであろう。言葉の背景には、その地域独特の文化、精神風土がある。
HOME刊行書籍一覧|近代日本方言資料集[郡誌編]全8巻|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375