『あたまの底のさびしい歌』
あたまの底のさびしい歌
宮沢賢治著/川原真由美画
新書判(108×175ミリ)/160頁/ソフトカバー/本文2色刷
新宿書房
1,500円(本体価格・税別)
  ISBN4-88008-347-X C0095
 
 
・・・書評
■内容
上のそらでなしに、 しっかり落ちついて、 一時の感激や興奮を避け、 楽しめるものは楽しみ、 苦しまなければならないものは苦しんで 生きて行きましょう。
――1933年、賢治が亡くなる10日前、教え子に宛てた手紙より
宮沢賢治が友人や家族にあてて書いた11通の手紙。 それは、祈りの涙であり、戦いの火花です。 熱い言葉ひとつひとつが、封筒からこぼれ出し、 いま、賢治の心から私たちの心へと配達されます。
※本書は美しいイラストを添えて、読みやすく構成しました。
■著者紹介/宮沢賢治(みやざわ・けんじ)
1896年、岩手県花巻に生まれる。詩集『春と修羅』、童話『銀河鉄道の夜』『注文の多い料理店』『よだかの星』など。1933年、37歳で亡くなる。生誕110年にあたる2006年には、いくつかの記念事業が計画されている。
■著者紹介/川原真由美(かわはら・まゆみ)・画
書籍や広告などでイラストレーションやグラフィックデザインをしつつギャラリーを中心に作品発表を展開。装幀の仕事は『All Small Things』(角田光代 講談社)、『高山なおみの料理』(高山なおみ メディアファクトリー)など多数、雑誌『クウネル』(マガジンハウス)『リンカラン』(ソニー・マガジンズ)『ダ・ヴィンチ』(メディアファクトリー)などでも活躍中。
HOME刊行書籍一覧|『あたまの底のさびしい歌』|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375