header
『日本児童文学研究史』
本書の詳細

戻る
■目次(かっこ内の数字は400字詰原稿用紙枚数)
第1部 児童文学研究の思想[研究総論]
  児童文学研究に志す人へ(30枚)
  日本児童文学研究のあゆみ(190枚)
  〈評論〉と〈研究〉のあいだ(30枚)
  児童文学=〈資料〉と〈研究〉をめぐりて(50枚)
  地方=地域の児童文化とその研究(50枚)
  〈児童文学研究〉と〈女性〉(50枚)
  一冊の本 解かれて死なずば
  日本の〈遊び=おもちゃ研究〉のあゆみ(40枚)
  〈子どもの権利〉思想のあゆみ(80枚)
  わたしの生き方・わたしの研究 いわゆる立身出世をする気さえなければ
第2部 時代の波・運動の波[研究各論]
  江戸期の童話研究書『雛廼宇計木』『桃太郎乃話』および『童話長編』について(80枚)
  『江戸期昔話絵本の研究と資料』(内ケ崎有里子)を褒む
  書評一束=児童文学前史
  少年文学研究会=児童文学研究組織の初発(50枚)
  児童芸術研究会編『児童芸術講座』について 大正期児童文化思想の指標(30枚)
  児童芸術協会と雑誌「可愛い芸術」(60枚)
  日本童話協会と「童話研究」(40枚)
  日本童話協会編『綜合童話大講座』解題
  もうひとつの日本童話協会
  児童文学卒業論文の嚆矢
  『現今少年読物の研究と批判』(遠藤早泉)について
  『芸術を基調とせる 低学年の教育記録』(霜田静志)について
  『少年文学史[明治篇]』(木村小舟)のなりたち(30枚)
  『小山作之助先生の面影』(村上市郎)について
  『ペチカは燃える(今川節)』(江守賢治)について
  『日本児童画史概観』(船木枳郎)について
  児童文学者の追悼文集(30枚)
  近代日本における児童文化組織と日本児童文学者協会(30枚)
  日本児童文学学会と「児童文学研究」(30枚)
  日本イギリス児童文学会二十年と聞いて
  『日本児童文学大事典』を読む(60枚)
  児童文学評論・研究賞の一片史〈関英雄賞〉選考の報告
  中国語訳『児童文学概論』その他のこと
  書評一束=近代児童文学
  ある著作権侵害事件について
  ある剽窃事件の次第
  〈研究〉にも〈エチケット〉あるべきこと
  書評一束=児童文化
第3部 荒野に鍬を入れた人たち[研究者論]
  東基吉=幼児教育・幼児文化の鍬入れ人(50枚)
  上月とき子=最初の女性児童文学評論家(30枚)
  滑川道夫=その児童文化研究の仕事(30枚)
  〈滑川道夫文庫〉を見る
  国分一太郎氏 心には深く 現実には淡く
  〈圭〉の生涯=藤田圭雄
  弥吉菅一さんを思う
  関英雄=その児童文学評論(30枚)
  冨田博之=その人と生き方(30枚)
  哀悼 上地ちづ子
  児童文学研究=北ぼうの人たち
  関口安義さんとわたし 『恒藤恭とその時代』を読みて上笙一郎著作目録
  上笙一郎自筆年譜
  人名・書名索引

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375