header
『日本語辞書研究』
本書の詳細

戻る
『日本語辞書研究』第1輯
「塵芥」の諸本について/大友信一
中世辞書史考察の一側面/木村晟
『日本一鑑』名彙の研究〔一〕/片山晴賢
西年寺本類聚名義抄の一本について/西崎亨
『〓嚢鈔』に於ける「佛名懺悔」記載典拠について/畠山恵美子・萩原義雄
「布令字弁」とその後継/豊澤弘伸
国語辞典とスポーツ/清水泰生
官版『干禄字書』の周辺と明治版『干禄字書』(上)/谷本玲大
『増補下学集』の増補部分について/服部龍太郎
「色葉字平他」類の韻書と『平他字類抄』の対照一覧〔一〕/木村晟
第1輯  
近思文庫
A5判/上製本/糸かがり/函入/本文382頁
9,400円(本体価格・税別)
  ISBN4-89629-116-6 C3381
『日本語辞書研究』第2輯
中世辞書史考察の一側面 続貂―辞書編纂の意図をめぐりて―/木村 晟
『日本一鑑』名彙の研究〔二〕/片山晴賢
文字使用の規範―「以上」・「已上」、「以前」・「已前」等―/西崎 亨
『〓嚢鈔』卷第一「五節供」の典拠資料について―『東山徃来』『拾芥抄』『太平記』『下學集』等からの引用姿勢―/萩原義雄
社会生活資料としての『国語辞典』―「主婦」と「主夫」の時代性―/郡千寿子
「忍耐する」ことを表す動詞の使い分けについて/清水泰生
官版『干禄字書』の周辺と明治版『干禄字書』(下)/谷本玲大
『増補下学集』における『拾芥抄』の受容〔一〕/服部龍太郎
色葉字平他」類の韻書と『平他字類抄』の対照一覧〔二〕/木村 晟
三、『伊露葩字』/木村 晟
四、『天正十六年本 色葉集』/木村 晟
『漢語字解 作文いろは字引大全』五十音索引/豊澤弘伸
第2輯  
近思文庫
A5判/上製本/糸かがり/函入/本文460頁
13,000円(本体価格・税別)
  ISBN4-89629-119-0 C3381
『日本語辞書研究』第3輯上 木村晟博士古稀記念
献呈の辞/片山晴賢・古瀬順一・豊澤弘伸
木村晟博士略歴
木村晟博士著作目録
「塵芥」と「平他字類抄」/大友信一
『塵芥』における『下学集』の享受について[上]/木村晟
南船北馬再考 ―語の由来を求めて―/杤尾武
辞書等における「音声」の解釈をめぐって ―日本語音声学講義序説―/古瀬順一
開板節用集「い」部乾坤門の語順 ―「乾 陰陽デハジマルモノ」を対象に―/菊田紀郎
『日本一鑑』名彙の「事説」について  片山晴賢
『宋本玉篇』による『原本玉篇』の義解の減増、継承と改変について/丁 鋒
『増補下学集』における『拾芥抄』の受容〔二〕/服部龍太郎
『運歩色葉集』の編纂意図をめぐって/相澤貴之
古辞書抄物『玉塵抄』訓注索引/大友信一・木村晟・服部龍太郎
第3輯上 日本語辞書研究 第3輯上 木村晟博士古稀記念
近思文庫
A5判/上製本/糸かがり/函入/本文490頁
14,000円(本体価格・税別)
  ISBN4-89629-139-5 C3381
『日本語辞書研究』第3輯下 木村晟博士古稀記念
叡山文庫蔵『韻字記』の主要典拠について  木村晟
キリシタン時代の翻訳法 ―文化の翻訳と新しい文体の創造― 小島 幸枝
山家本法華経裏書所引の三寶類聚名義抄  西崎亨
イタリア、サレジオ大学マリオ・マレガ文庫所蔵江戸時代末に成る『真書千字文』の文字仕様について  萩原義雄
小型国語辞典からみた応答詞、感動詞について  清水泰生
京都女子大学蔵新編訓点略玉篇に就いて  鈴木功眞
平安時代の終助詞「かし」の機能について(一)  奈部淑子
国語辞書、今そして将来 ―まなぶ立場から―  木村晟
人の名尽 十三種 索引  三宅ちぐさ
日本語入力システム辞書収録語の変遷 ―ATOK7〜ATOK8を中心に―  谷本 玲大
パジェス『日仏辞書』における「Coi(恋)」|日本語受容の一面について―  郡千寿子
留学生の辞書使用の実態 ―アンケート調査の結果から― 奥原淳子
明治期の日本における韓国語学習書について  齊藤明美
アクセントを記載した日本語辞書  田中宣廣
第3輯下 日本語辞書研究 第3輯下 木村晟博士古稀記念
近思文庫
A5判/上製本/糸かがり/函入/本文506頁
14,000円(本体価格・税別)
  ISBN4-89629-140-9 C3381
『日本語辞書研究』第4輯
献呈の辞  木村晟・片山晴賢・萩原義雄・相澤貴之
『増刊節用集』の原拠調査[三]|辞書編纂過程を探るために| 木村 晟
「也」字訓「マタ」に関する若干の覚書|醍醐寺蔵本『遍照発揮性霊集』の場合| 西崎 亨
『下學集』における『祖庭事苑』からの引用語について 萩原義雄
小学校学習指導要領と『国語辞典』|「辞書を読む」授業実践例からの考察| 郡 千寿子
『落窪物語』における擬音語 奈部淑子
『塵芥』と『河海抄』 相澤貴之
『色葉字訓』について 木村晟・鈴木功眞・相澤貴之
『新雕入篆説文正字』に見る宋代大徐本『説文解字』の一端 丁 鋒
「コース」「レーン」・「ゴール」「フィニッシュ(ライン)」について 清水泰生
コンピュータ用の手紙文例集に於ける書簡用語   |Wordの「文例ウィザード」の場合| 谷本玲大
第4輯  
近思文庫
A5判/上製本/函入/本文286頁
8,800円(本体価格・税別)
  ISBN4-89629-164-6 C3381
『日本語辞書研究』第5輯 近思文庫創始30周年記念
最終輯刊行の辞 …木村晟/片山晴賢/相澤貴之
『増刊節用集』の原拠調査[五]―辞書編纂過程を探るために― …木村晟
『塵芥』の主要典拠と編纂意図について …木村晟
『塵袋』の典拠について―[巻第一]の重要漢籍を中心に― 其の一 …片山晴賢
意義分類体辞書としての往来物―辞書史に往来物を位置付けるために― …西崎亨
語注記にみる種々の疑問とその検証覚え書き―室町時代の古辞書を中心として― …萩原義雄
『康煕字典』唐本・和刻本間に於ける巻序の差異について …谷本玲大
『温故知新書』における『聚分韻略』の享受について …相澤貴之
『大淵和尚再吟』と『禅道文刹』との対校 …木村晟
『大淵代抄』の訓読資料 …木村晟
「ねだる」の類義表現をめぐって …清水泰生
「〜を問わず」「〜にかかわらず」について …清水泰生
国語辞典におけるスポーツ用語の比喩表現(日常語)について―陸上競技の用語を通じて― …清水泰生
第5輯  
近思文庫
A5判/上製本/糸かがり/函入/本文416頁
12,000円(本体価格・税別)
  ISBN978-4-89629-176-6 C3381
HOME刊行書籍一覧日本語辞書研究|本書の詳細|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375