header
『地域語研究論集 山田達也先生喜寿記念論文集』
地域語研究論集 山田達也先生喜寿記念論文集
山田達也先生喜寿記念論文集編集委員会
A5判/上製本/糸かがり/函入/本文369頁
8,000円(本体価格・税別)
  ISBN4-89629-099-2 C3081
■収録論文
原風景の中の濃尾方言
・・・柴田武(東京大学名誉教授)
言語データの収集をめぐって―現地調査法概論―
・・・真田信治(大阪大学大学院教授)
比較方言学の功罪
・・・山口幸洋(元静岡大学教授)
愛知県豊根村における二拍名詞第2類のアクセントと年層差
・・・下野雅昭(金城学院大学教授)
名古屋市―伊勢市間にみられるアクセント変化の動向
・・・岸江信介(徳島大学教授)

日本語方言における語順間推移の法則

・・・江端義夫(広島大学大学院教授)
文法体系の地域差と連続性
・・・丹羽一彌(信州大学教授)
愛知県方言「ゲー」は「変だゲー」
・・・久木田恵(愛知教育大学非常勤講師)

中部地方の推量形式の分布

・・・彦坂佳宣(立命館大学教授)
木曽三川河口地域の方言分布の型
・・・鏡味明克(愛知学院大学教授)

混交現象に関わる同音衝突―愛知県・岐阜県東部県境域の「めんこ」と「じゃんけん」― 

・・・田島優(宮城学院女子大学教授)
二世代比較による「お手玉」「おはじき」の言語地理学的研究
・・・齋藤勝実(愛知学院大学大学院文学研究科)
中国における地名の接尾語の方言差について
・・・趙晴(愛知学院大学大学院文学研究科)
豊橋地方の方言の変容
・・・吉川利明(豊橋方言研究会会長)
首都近郊都市における方言形の分類―茨城県水戸市の場合―
・・・早野慎吾(常磐大学講師)

大正期の旧大垣城下にみられた言語の位相差―封建意識と武家ことば―

・・・杉崎好洋(会社員)
台湾統治初期日本語教授資料におけるかなづかい
・・・中田敏夫(愛知教育大学教授)
HOME刊行書籍一覧|地域語研究論集 山田達也先生喜寿記念論文集|

図書出版・編集企画
港の人(みなとのひと:minato-no-hito)
〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-11-49・phone: 0467(60)1374・fAX: 0467(60)1375